2013年10月09日

Universal Audio Apollo

Apollo到着.jpg

Apollo到着2.jpg

実は購入して大分経ってしまいましたが、Apollo買いました!!
ラックに格納してPCに接続しています。



ファームウェアのアップデートは何回もやらされましたwww
数回やってやっと音が出ましたww


Apolloerr.jpg

音は鳴らすことができましたが、エラーが・・・。
どうやらうちのFirewireカードが400だから出るようで、
Apolloは800用です。
UAD Bandwidth Allocationを弄ったらたまにしか出なくなりました。



Apolloで色々音楽聴いていますが、ApolloはFireface UCより
広くて綺麗な音のように感じます。特に高音が痺れます。
特にヘッドフォンで聴くと素晴らしいです!!感動です。


ネットでは音質の評判はFirefaceと比較され貶されていたので
不安でしたが、実際に音を聴いてこっちをメインに使おうと
決めましたw



だけど、ちょっと残念な点も。

Apolloの最大の謳い文句であるUAD-2によるDSPですが、
UAD-2ではApollo本体で掛け撮りする分のDSPは、
PCI-eのUADカードで補填する事はできないみたいです。
(SATELLITEをApolloに繋げばできるのかな?)

せっかくこっそり買ったOCTOが生かせなくて残念です。
でも掛け撮りする分には重いプラグイン掛けたりは
しないだろうし、現状のDuoで十分な気がします。

MANLEYとか重いプラグインはDAWで立ち上げる事に
なるでしょうからね。

コンソールの設定をDAWのプロジェクトに保存させる
機能もあって便利ですね。
(勿論DSP設定も!!)
曲ごとにミキサーを設定する手間が省けるのはいいですね。




あと安定性の面ではうちの環境ではFireface UCよりも
安定しています。
Fireface UCではたまにノイズが乗っていましたが、
Apolloではそれもなくなりました。

ただ、今もFirewire400のカードを使っているので、
相変わらず前に書いた警告メッセージはたまに出ますw
でも音は切れた事ありませんね。

FW800-Eにするかどうかは悩んでいますw



全体的にFireface UC買ったときより感動が大きいですww
もう大満足です!!
posted by megalenp at 03:01 | Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。